MOTOAZABU HILLS 元麻布ヒルズ

  • 物件概要
  • English
  • 資料請求
  • Home
  • MORI LIVING
  • 眺望
  • 周辺環境
  • ファシリティ&サービス
  • コンセプト&デザイナー
  • 安全・安心
安全・安心
構造
目に見えないものだからこそ、耐震性能にこだわりました。

元麻布ヒルズを設計するにあたって、私たちが自らに課した要求水準は極めて高いものでした。「震災時、逃げ出す建物から逃げ込める建物へ」をキーワードに研究を重ね、いくつもの最新テクノロジーを組み合わせることで、日本最高レベルの耐震性能を有しています。たとえば、元麻布フォレストタワーでは、数多くの実績を誇る竹中工務店施工のもと、免震装置とCFT柱を組み合わせた構造体により、地震時の安全と快適な居住性を確保しています。

※1 元麻布フォレストテラスイーストにおいても免震構造を採用しており、フォレストタワーと同じ構造体性能レベル(日本建築構造技術者協会(JSCA)による)に該当します。

※2 元麻布フォレストテラスウエストは、1981年に改正された建築基準法の新耐震基準を満たす耐震構造であるだけでなく、さらにその基準を1.5倍割り増した構造体強度を実現すべく設計されています。

■元麻布フォレストタワーの構造フレーム イメージCG
※図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。


※元麻布フォレストテラスウエストでは採用しておりません。

免震装置

元麻布フォレストタワーおよび元麻布フォレストテラスイーストでは、2種類の免震装置を組み合わせ、最も効果が発揮できるように配置しています。内部に設置されている「鉛プラグ入り積層ゴム」は、天然ゴム系積層ゴムの中心部に鉛プラグを挿入した免震装置で、天然ゴムがバネ機能を、鉛プラグが減衰機能を受け持つ仕組みになっています。外周に設置されている「高強度積層ゴム」はゴムの配合を調整して、上下方向の引張強度を増した天然ゴム系積層ゴムの免震装置です。
この積層ゴムを建物の地下3階と地下2階の間に配置。地震エネルギーを大幅に低減し、より安全な居住性を確保します。

※元麻布フォレストテラスウエストでは採用しておりません。

免震装置(フォレストタワーにて平成14年7月撮影)
CFT柱

CFT(Concrete-Filled Steel Tube)は、鋼管にコンクリートを充填して作られるハイブリット柱です。コンクリートは鋼管によって拘束されているため、ひび割れによる脱落が無く、コンクリートの強度が高まります。また、鋼管は内部にコンクリートが充填されるため局部座屈変形が拘束され、それに伴う耐力低下を防ぎます。このように、鋼管とコンクリートが持つそれぞれの特性の相乗効果を利用することによって、高い耐力と大きな変形能力を維持するなど、優れた特性を発揮します。

※元麻布フォレストテラスイーストおよび元麻布フォレストテラスウエストでは採用しておりません。

基礎杭

元麻布ヒルズの支持地盤は、東京礫層という約20万年前の堆積物である緻密な砂礫層地盤です。たとえばフォレストタワーでは、このN値(*1)50以上の強固な地盤に36本の杭を打ち込んでいます。埋立地のように液状化現象を心配することもありません。

*1N値:地盤の堅さを表す数値。数字が大きいほど堅固であることを示し、通常50を超える場合は「N値50以上」と表現されます。

震災対策
非常用発電機

イメージ
(六本木ヒルズレジデンスにて平成24年4月撮影)

災害時に電力の供給がストップした場合でも、非常用発電設備により、非常用エレベーターの他、通常のエレベーターも一部利用可能です。

※安全確認後、順次利用可能となります。

備蓄倉庫

イメージ
(六本木ヒルズレジデンスにて平成24年4月撮影)

震災時対応の備蓄品として、非常用食料、飲料水、医薬品、生活用品、工具類などを備蓄しています。

災害用井戸

災害用井戸
(平成24年4月撮影)

災害時に調達に困難を極める一つは水です。元麻布ヒルズでは敷地内に災害用井戸を設置し、災害発生時には元麻布ヒルズおよび近隣に必要な生活用水を供給することが可能となっています。

セキュリティ体制

エントランスには非接触式キーによるオートロックシステムを採用。さらにフロントカウンターでの入館者のチェックや各所に配置された監視カメラによる24時間の集中監視システム等、セキュリティ体制にも万全を期しています。
(フォレストタワー・フォレストテラスイースト)